教育方針

二宮金次郎の教えに学び、人間力・健康力・思考力・創造力を育みます。
こんな幼稚園です

ごあいさつ

のびのびと育て、子どもの能力を伸ばし、幼児教育を充実させます。

 本園は、昭和55年4月に創立しました。そして、平成19年12月に、現久万ノ台に新築移転しました。
「21世紀を担う人づくりは人生の根幹をなす幼児教育の充実にある」という視座に立って、「地域に根ざした、一人一人の個性が活かされた、輝く瞳と喜びの声に満ちた幼児教育」をめざしています。
そのために「ともに学び、ともに遊び、ともに喜び合う姿勢を大切にし、豊かな知性と感性、たくましい体と行動力の育成を図る」という建学の精神が引継がれています。さらに、教育指針として、二宮金次郎の教えに学び、人間力・健康力・思考力・創造力を育みます。
広々とゆったりした園舎・運動場など、恵まれた保育環境を活かして、自然や人との「ふれあいやつながり」を大切にし、元気な「からだとこころづくり」のため、次のような目あてと活動を通して幼児の育成に努めています。

教育目標

 健康でたくましく、明るく、社会性に富み、自分でよく考え進んで活動できる子どもを育成をする。

目指す幼児像

  • 健康でたくましい子
  • 明るくあいさつのできる子
  • 友だちと協力し社会性のある子
  • よく考え、けじめのある子

育英湯山幼稚園外観写真

育てたい能力・態度

  • 進んで取り組み行う
  • 元気でねばり強く
  • 約束を守り助け合う
  • やさしく思いやる心

活動の特色

  • 楽しい行事の実施と遊びの充実
  • 園外保育等
  • 自然体験の重視
  • 人との交流
     (異年齢・小学校との交流会・あいじゅ老人施設)
  • 音楽・造形活動の推進
  • 専門講師・コーチによる体操・サッカー・英語
  • 学研の導入

ページトップへ

園章について

育英第二幼稚園園章 原図製作者 近藤 保 視覚修正デザイナー 清川 明賢

 みかんの木は、その花が愛媛県の県花でもあり、愛媛に育つ子どもたちにとって最もゆかりの深い親しみのある植物である。
 園児たちは、みかん畑を眺めながら通園し、みかんの木を通して、季節の移り変わりに深くかかわっている。
 それ故に、みかんの花を園のシンボルとした。育英第二の文字の上にあるみかんの花は、子どもたちの純粋さと愛らしさを表わし、基礎部には物事の始めを意味する双葉を配して、将来への希望を喚起しつつ教育の原点である幼稚園の象徴とした。

ページトップへ

園歌

育英第二幼稚園園歌 1.みかん畑に かこまれて 今日も仲良く 遊びます 空にむかって とびたとう みんなの 楽しい育英第二幼稚園 2.潮風頬に うけながら 明日も元気に 学びます 海にむかって のりだそう 笑顔がいっぱい 育英第二幼稚園

園歌をクリックすると、再生します。Windows Media Playerが必要です。)

ページトップへ

Copyright (C) 2005 Ikuei Daini Yuyama Youchien All Rights Reserved.